Home
会社概要
お問い合わせ
船の概要
インドネシア地図
Hot News
   
コモド フィッシング
ロウニンアジの生態
料金と参考パッケージ
フィッシングスタッフ紹介
Fishing Photo Gallery
   
   
 
 
 
 
世界自然遺産 インドネシア・コモド諸島へ
サウザンスタークルーズ就航
日本人ダイバーの為のコモド諸島唯一のクルーズ船にてダイビングは勿論の事食と居住性を重視した日本人ネイチャーガイド(ダイブマスター以上)が常駐する日本人マネージメントのECOクルーズ船です。
 
インドネシアの東ヌサ・トゥンガラ州の西に位置するコモド諸島は、インドネシアの熱帯雨林に属しながらも季節風の影響により唯一サバンナ気候(雨季も短く少雨量)となり、北のフローレス海と南のインド洋を結ぶ海峡によって隔離された島々は陸上・淡水域・沿岸・海洋生態系・動・植物群は地質学的・生態学的・生物学的に特色を持つ事から国立公園で有ると共に1991年にユネスコの世界遺産へ登録され、その自然と動植物は厳重に保護されております。

 

地域的特色1「コモドドラゴン」
この地域(コモド島・リンチャ島)では恐竜の生き残りと言われるコモドドラゴン(学名:Varanus Komodoensis)が野生で観測出来る世界で唯一の島々です。
このコモドドラゴンは成体で体長3メートルにも達し体重は150キロ以上迄成長します。
現在絶滅のおそれよりワシントン条約によって「国際希少野生動植物種」(CITES:付属書I有鱗目)に指定され厳重に保護されております。
 
地域的特色2「ピンクビーチ」
この地域(コモド島周辺)では世界的希な珊瑚で出来たピンク(色)の砂浜が数カ所で確認できます。
これらはオルガンパイプコーラル(珊瑚)の影響と言われ、コモド海域では多くのオルガンパイプコーラルを見ることが出来ます。
 
地域的特色3「水中環境と生物」
温暖なフローレス海と豊富な養分を含んだインド洋に挟まれたこの海域は硬質、軟質珊瑚がバランス良く群生し多彩な環境の基、数多くの水中動生物の巣床となっております。
よって水中生物はマクロ(小物)からワイド(大物)まで他に類を見ない豊富さです。
 
 

そんなコモド諸島と言う秘境へ私どもと冒険クルーズへ出かけてみませんか?

 
 
 
PT.LUMBA-LUMBA
Jl. Tukad Balian 152A Renon BALI-INDONESIA
Tel:+62 (361) 4749869 Fax:+62 (361) 4747873 http://www.komodofishing.com info@lumbatour.com